通販 ベルーナ > 記事一覧体型に合った服を選んで、シルエット美人を目指そう!コーディネートの攻略法を教えます!
レディースファッション

体型に合った服を選んで、シルエット美人を目指そう!コーディネートの攻略法を教えます!

かわいい服や流行のアイテムを買ったのに、「イメージ通りに着こなせない」「いまいちおしゃれに見えない」と、がっかりした経験はありませんか?もしかしてそれは、選んだ服と自分の体型やキャラクターが一致していないことが原因かもしれません。自分にはどのような服が似合うのかを客観的に知ることが「おしゃれ上手」への近道です。服のシルエットを味方につけるポイントや自分に合う服を選ぶポイントをお伝えしましょう。

1.服選びの重要ポイント、実は「肩」なんです!

洋服を選ぶときは、ウエスト周りやヒップ、バストなどに注目しがちですが、実は「肩」回りがフィットしているかどうかで印象が大きく変わります。服選びのポイントは、まず肩のラインをチェックするところから始めてみましょう。

“肩狭さん”はフリルやリボンと好相性

肩幅の狭い方は、きゃしゃな印象があり、女性らしい雰囲気を持つ一方で、コーディネート次第では貧相に見えてしまうことがあります。また、襟ぐりの広いシャツを着ていると、下着がチラ見えしてしまうという失敗もありがちです。タイトなシルエットのトップスやプレーンなTシャツといったシンプルなデザインは、「きゃしゃ見え」を目指せる反面、ちょっぴり寂しい印象になりがちなので気をつけましょう。肩幅が狭く上半身がきゃしゃな方は、あまり襟ぐりが広すぎないものを選ぶのがポイントです。また、肩にリボンやフリルがついたものやパフスリーブなど、袖にボリュームがありアクセントになるデザインは、全体のバランスが整うため肩幅の狭い人によく似合います。きゃしゃで可憐な雰囲気を思い切り楽しめるコーディネートを選んでみましょう。

“肩広さん”はゆったりシルエットを味方に

肩幅が広い方は、シンプルなニット素材やコットンシャツなどを、さらりと単体で着こなすような、クールでマニッシュなコーデがよく似合います。ただし、シンプルだからこそ、コーディネートがうまくまとまらないと体格が良くがっちりした印象を持たれてしまうと悩む人も多いようです。

もう少しきゃしゃな印象を与えたい、女性らしい着こなしがしたいというときには、ビッグシルエットのトレーナーやドルマンスリーブが役に立ってくれるはずです。また、襟ぐりが広いトップスを着ても肩がずり落ちたり、下着がチラ見えしたりしにくいため、だらしなく見える心配もありません。素材の“落ち感”と相まって大人のしっとりした色気を醸し出せるでしょう。

2.身長のお悩みをアピールポイントに変える着こなし

身長の「低い」「高い」も、女性のおしゃれにとっては大きな問題です。小柄でキュートな印象の「低身長」の女性でも、着こなし次第でスタイリッシュに変身できます。「高身長」の女性も、ちょっとした工夫で可憐さを出すこともできますよ。

「低身長」はメリハリのあるスタイリングが鍵

おしゃれに見えるかどうかで重要なのは、全体のバランスが取れているかどうかです。低身長の女性が敬遠しがちな、チュニックのような丈が長いトップスや、ビッグシルエットのアイテムは、下半身をスッキリまとめると良いでしょう。ショートパンツのように思い切ったミニのボトムと高いヒールを組み合わせるとスタイルよく見えますよ。世界的歌姫のアリアナ・グランデは身長153cmという小柄でありながら、バランスをうまく取ったコーディネートで上手にカバーし、キュート&グラマラスなおしゃれを楽しんでいます。

服装に合わせて、髪をまとめたり、華やかなラインストーンのヘアアクセサリーや大ぶりのイヤリングやピアスをつけたりするのも、メリハリのあるスタイルを作るのに有効です。

「高身長」は長い手足を存分に見せつける

モデル並みの高い身長は、何かと目立ってしまうものです。シャープな印象はありますが、愛らしい服装や女性らしい着こなしが難しいと悩む方も多いようです。
持ち前の手足の長さをうまく生かせば、可憐に魅せるコーディネートも意外に簡単です。ポイントはふわりとした素材とデザイン、色を選ぶこと。シフォンやダブルガーゼのようなエアリーな素材の、シャーベットカラーのロングフレアスカートから、すらりとしたひざ下や足首をのぞかせれば「きゃしゃ見せ」も簡単です。そもそも、背が高く手足が長いのは、どんな服もおしゃれに着こなせる恵まれたスタイルです。ロングニットカーディガンとレギンスといったシンプルな着こなしも、高身長の人は縦のラインが際立つためひときわスタイルが良く見えます。前述のように、ふんわりしたシルエットのニットをトップスに選べば、シンプルなデニムなどのボトムと組み合わせることで、ほどよい甘辛スタイルが楽しめるでしょう。

3.身長や体重のほかにも、似合う服が決まる重要なポイントがある!

多くの女性にとっての関心事といえるダイエット。薄着になる春先以降は、特に体型が気になるものです。でも、おしゃれな着こなしに「体重」そのものはあまり関係ありません。

では、どんな服選びをすればよいのでしょうか。単に痩せているとか、ぽっちゃり体型というざっくりした分け方ではなく、もう少し詳しく自分のシルエットを知ることで、似合う服が自ずとわかってくるのです。最近女性ファッション誌などで話題の骨格診断も、そのひとつと言えるでしょう。骨格診断を利用すれば、上半身に厚みがある「ナチュラルタイプ」、下半身にボリュームがあり上半身がきゃしゃな「ウェーブタイプ」など、タイプ別に似合う服の選び方がわかってくるでしょう。つまり、自分の全身シルエットがどんなタイプかを頭に入れておくだけで、洋服選びはぐっとラクになるはずです。

体型は大きく分けて「逆三角形」「洋ナシ」「砂時計」「りんご」の4つに分類できる

古くからおしゃれの指針となってきた体型別の着こなし。女性の体型を大きく「逆三角形」「洋ナシ」「砂時計」「りんご」の4つのタイプに分類して、自分に似合う服を考えてみましょう。

  • 肩幅が広く胸が豊かな「逆三角形タイプ」

    上半身に厚みがあるためがっちりして見えがちですが、ウエストよりも下の肉付きは少なめ。上半身はシンプルなものを選び、ボトムに華やかなデザインや柄のあるものを選ぶと上下のバランスがうまくとれるでしょう。

  • 上半身に比べて下半身がぽっちゃりしている「洋ナシタイプ」

    きゃしゃな肩や細いウエスト周りを上手にアピールするのがおすすめ。すそが広がったAラインのスカートやワンピースを着るときは、肩や胸周りにリボンやフリルがついたボリュームのあるトップスと合わせるとバランスが良くなるでしょう。

  • 豊満な胸としまったウエスト。グラマラスな「砂時計タイプ」

    女性らしさを目一杯活かした服選びを楽しめるのが、このタイプ。ただし、豊かな部分を強調すると、セクシーすぎると思われてしまうこともあるので、ウエストにポイントを置きましょう。ウエストを絞ったデザインや幅広のカマーバンドなど、視線がウエストに集まるデザインは、女性らしいシルエットを美しく浮かび上がらせるでしょう。

  • リンゴのようにころんとしてボディが豊満な愛嬌のシルエット「りんごタイプ」

    ぽっちゃり型のりんごタイプは、長めのワンピースなどで全身を隠すとずんぐりとした印象に。恥ずかしがらずに、スカートやキュロットの丈を膝くらいまでにして、ほっそりとした手足を出してきゃしゃ見せするのがオススメです。上半身はダークトーンのアイテムで、引き締め効果を狙いましょう。

自分を知ればシルエット美人に近づける

「自分がどんな体型か」「人からどう見られたいか」などを客観視することで、似合うアイテムは自ずと分かってくるものです。ときには鏡の前に立って、自分の体型を客観的に見てみることが大切です。体型に加えて、肌の色や髪の色、長さでも似合う服は違ってくるもの。自分に似合う服のシルエットや色合いを知り、今以上におしゃれを楽しみましょう!

アローアイコン

記事一覧へ戻る

表示 : モバイル
 | パソコン
© BELLUNA CO., LTD.