レディースファッション

【2022年】おすすめガードル8選!お腹やヒップをサポート。苦しくないガードルも紹介

公開日:2022/04/05

【2022年】おすすめガードル8選!お腹やヒップをサポート。苦しくないガードルも紹介

ヒップや太ももまわり、ぽっこりお腹などをカバーしてくれる便利なガードル。
「身につけると苦しい」といったイメージを持っている方もいるかもしれません。しかし、辛くなるほど締め付けるガードルはそこまで多くありません。自分のニーズやサイズに合ったガードルを上手に選んで取り入れてみませんか。
気になる部分がスッキリ見えたり、骨盤のケアができたりするおすすめのガードルを紹介します。

気になる部位をしっかり補正!おすすめガードル

ウエストまわりやヒップなど、年齢を重ねるにつれて気になってくる部位をしっかりサポートしてくれるのが、体型補正に優れたガードルです。アイテムそれぞれの特徴をチェックして、気になる部位がきちんとカバーできるか見極めましょう。

1. 【2枚組】太ももコンパクトハイウエストガードル

太ももからお腹まわりまでの広範囲をカバーしたい人におすすめなのは、ハイウエストタイプのガードル。内もものたるみや外もものハリをカバーし、膝上をすっきり見せてくれるので、くびれを作りたい人・ボトムスをすっきりと着こなしたい人におすすめです。クロッチ付きで、1枚履きができるのも嬉しいポイントです。

2.【TAMURA】多機能ガードル

ヒップラインを美しく見せたい人におすすめなのが、立体設計のガードル。下腹部、そして腰まわりから太ももなど部分的にパワーネットを使うことで、ぽっこりお腹をカバーしながらヒップアップも同時に叶えてくれます。Mから4Lまでとサイズ展開が幅広いので、ぽっちゃり体型の方にも◎。

3. 50代からの快適ショーツガードル

腰やお腹まわりをすっきり見せたいならば、腰まわりにパワーネットが使われているタイプを選んでみましょう。こちらのアイテムは股下丈が短いデザインなので、動きが制限されず気軽にはけます。足口にはストレッチレースがあしらわれていて、太ももに食い込みにくいのもポイントですね。繊細なレースのデザインが、上品な気分にさせてくれます。

骨盤サポートタイプを選んで背筋もピン!姿勢も良くなるガードル

「骨盤の歪みが気になる」「腰まわりをサポートしたい」そんな人におすすめなのが骨盤をサポートしてくれるタイプのガードルです。といっても、きつい締め付けはほとんどありません。特殊な素材や縫製仕様によって、苦しい締め付けを軽減しながら適度なホールド力を備えたアイテムを紹介していきましょう。

1. 骨盤底筋サポートガードル

大腸や膀胱、子宮などを下から支えている骨盤底筋。加齢によってこの筋肉が衰えてくると、頻尿・尿もれなど日常生活に支障をきたす可能性も…。
こちらのガードルは、そんな骨盤底筋をサポートできるようにハンモック型の構造を採用。ウエストをキュッと引き締めたりヒップアップしたりすると同時に、下から股部分をしっかり支えます。
なかなか意識しづらい場所にある筋肉なので、ガードルの力を借りて気をつけてみてもよいかもしれません。股下丈には2タイプあるので、気軽に履きたいならショートタイプを。

2. グラマーさんも骨盤スッキリショーツ

ガードルが食い込んだり部分的な締め付けがきつかったりと、グラマーさん特有のお悩みには、こちらのハイウエストでショーツタイプのガードルがおすすめです。お腹全体をすっぽりと包んでくれる安心感と、太ももに食い込みにくい1分丈が特徴的。腰まわりの幅広ゴムベルトが骨盤をホールドし、下腹部のパワーネットで補正力も十分。気になる部分をキュッと引き締めてくれます。5色展開なので、服に合わせて色を選べば透け対策ができるのも嬉しいですね。

3. 【3色組】ぐるりと骨盤補整ガードル

細身のボトムスを美しくはきたいときにおすすめなのが、こちらの骨盤補正ガードルです。骨盤まわりから膝下まで広範囲にカバー。シュッとした美脚ラインを叶えてくれます。「骨盤をサポートしながら太もものあいだに隙間も作りたい」そんな欲張りな願いにこたえてくれる頼れるアイテムです。色違いの3色セットなので、毎日はけるのも嬉しいポイント。

苦しくない!着心地を重視したい方向け、おすすめガードル

せっかくのガードルも、締め付けが強いものや、着心地が良くないものだと、結局はかなくなってしまうケースもあるのではないでしょうか。しかし、最近は綿などの天然素材を使っていたり通気性が考慮されていたりと、はき心地・着心地にこだわったガードルも多いです。長時間着用する場合や、苦しくないガードルを探している方は、はき心地を重視して素材や通気性に注目してガードルを選んでみましょう。

1. お肌に優しいオーガニックコットンショーツ

お肌に負担の少ない素材といえば綿ですが、なかでもオーガニックコットンは素肌にやさしく快適な履き心地を重視したい人にはとくにおすすめです。こちらのショーツタイプのガードルは、洗濯タグをなくし、くいこみを軽減させるためにウエストと足口を折り返し仕様にするなど縫製が工夫されています。吸収力の高い糸(VORTEX®)を使用しているのもポイント。色展開は、くすみカラーなどの上品な色みが大人の女性の品を引き立ててくれます。

2. 【3色組】らく~なはき心地で1日快適ガードル

こちらのガードルは、ウエストにゴムを使っていないのが特徴。気になるお腹まわりをスッキリさせつつ楽ちんなはき心地を叶えてくれます。そのため、おへそまわりの食い込みが気になる方にもおすすめ。お腹まわりとウエストは、二重構造の仕様になっていて、締め付け感は少ないのに、十分なホールド力を望めます。1枚ばきできるのでパンツスタイルにもぴったりです。

ガードルを味方につけて、スタイルアップを叶えよう

ひとくちにガードルといっても、股下丈やはき込み丈、素材、締め付ける強さなど、アイテムによってさまざまです。ガードルは正しく選べば、スタイルアップを叶えてくれる女性の味方です。自分の好みや体型にぴったりなものを、気温や服装、シーンに合わせて選んでみてくださいね。

執筆者紹介

名前
梅田望
プロフィール
ライター/編集者
最近はおもに編集プロダクションやウェブメディア編集部で仕事をしています。得意分野はファッション、美容など。趣味は写真や動画を撮ることです。