レディースファッション

プチプラ服は30代・40代・50代の大人女性にもおすすめ!世代別、高見えする着こなしのコツは?

公開日:2022/03/22

プチプラ服は30代・40代・50代の大人女性にもおすすめ!世代別、高見えする着こなしのコツは?

お財布に優しいプチプラ価格の服。通称「プチプラ服」と呼ばれ、手頃な値段で洗練されたデザインの服が多く発売されています。ですが、大人世代はプチプラ服の着こなしに工夫をしないと、年齢に見合わないチグハグな印象や安っぽい印象をまわりに与えてしまうことがあるので注意が必要です。そこで今回は、プチプラ服でも高見えする好印象な着こなしテクニックを世代別にご紹介します。

30代におすすめの、通販で買えるプチプラコーデ・着こなしのコツ

ここでは30代女性におすすめのプチプラコーデのコツや、おすすめアイテムを紹介します。

トレンドアイテムを使ったゆるコーデ

30代はベーシックアイテムと相性の良いトレンド服を取り入れましょう。少しデザインが変形したスカートや、裾にスリットの入った楽ちんジョグパンツ(ジョガーパンツ)などは定番の白シャツやニットと相性が良いので大人世代でも手軽に取り入れられます。トレンド服は一枚で旬な装いを表現できますが、ブームがすぎると着られなくなってしまうものも多いのでプチプラ価格で購入したほうがお財布にも優しく安心です。
また、プチプラ服と組み合わせる他のアイテムがベーシックかつ上質さを感じる素材のものであれば、安っぽく見える現象を防ぐことができます。プチプラ服選びで困ったときは上質なシャツやキレイめのパンプスと合わせられるかどうかで購入を検討してみてください。

ボーダーカットソーはプチプラ服でもハズレなし

カジュアル服の代表的存在、ボーダーカットソー。その起源は古く16世紀から存在すると言われています。実際に流行り廃りもなく、5年・10年と長く着られるアイテムです。プチプラブランドにも、ボーダーカットソーはよく取り扱われているので、お持ちでない方はぜひプチプラ服から挑戦してみてはいかがでしょうか。また、プチプラ価格でも肉厚でしっかりした素材を選べば安見えを防ぐことができます。
30代の大人女性がボーダーカットソーを使って高見えコーデを作るなら上品さが必要不可欠です。組み合わせるボトムスは、揺れ感や光沢感のあるスカートorパンツでキレイめな印象を作りましょう。子育て中のママさんは人気のハイテクスニーカーでカジュアルMIXコーデにすると旬なオシャレを楽しめます。

40代におすすめの大人プチプラコーデ

40代女性がプチプラコーデをするうえで、どんなアイテム選びをすれば良いでしょうか。具体的なコーディネートを見ていきましょう。

サテン&ベロア素材で上質さをプラス

どんな着こなしでも質の高さを維持したいのが40代。それはプチプラ服においても同じで、何より上質さが伝わる素材を選ぶことが大切です。そこでおすすめなのが「サテン素材」と「ベロア素材」。両方とも、素材の中では安価なほうなのでプチプラ服でもよく取り入れられています。しかし、素材が安くても光沢感が上品なのが特徴。実際に着てみると、高見えすること間違いなしです。春夏はサテン、秋冬はベロア素材を活用していつでも品よく高級感ただよう着こなしを実現させましょう。
おすすめの高見えコーデは定番人気のセミワイドパンツとかっちりシャツの組み合わせ。ボトムスにサテンコールを使用しているので通常のセミワイドパンツよりも着こなしにドラマティックさを感じます。真冬時期なら短い丈の厚手のニットを組み合わせると良さそうです。

フェミニンに仕上げたい時はシアー素材を

楽に高見えできるもうひとつのアイテムがシアー素材。透け感のある素材は、見た目に繊細さが出ます。高級感にプラスして品の良い色気を感じさせる着こなしも実現できるので、大人のデートコーデやホテルディナーなどラグジュアリーな場所へのお出かけコーデにもおすすめです。
とはいえ、トップスにシアー素材を取り入れて透け感を出しすぎるのは、40代の大人女性にとって抵抗がある着こなしかもしれません。加えて変に肌の透け感が強いと上品さが阻害されてしまうので、シアー素材のプチプラ服を取り入れるなら断然スカートをおすすめします。 また、全体的にコーデの色味をブラックやグレーでシックにまとめると、大人の女性らしい控えめなフェミニンスタイルが表現できます。

ワンピースは変形シルエットで、ほどよくモード感を

ワンピースはトップスやボトムスに比べて全体の平均価格が上がるため、プチプラ服で選ぶ際には安っぽく見えないデザインを選ぶことが大切です。特にワンピースの値段が5000円を下回る場合は、あまりシンプルなデザインを選ぶと素材の質感次第ではチープな印象になる場合があるので気をつけましょう。かといって飾りや柄が多用されたものも、デザインが緻密で凝ったつくりでなければ同様にチープな印象になりやすいです。
そこでおすすめしたいのが、ワンピースの一部にスリットやアシンメトリーデザインが入ったモードライクなワンピース。こうしたデザインは柄や飾りはなくシンプルですが、単調にならないので高見えしやすいのが利点です。ワンピースの色に合わせて、バッグや靴に統一感を出す全身コーデにすると良いでしょう。

50代におすすめのプチプラコーデ・着こなしのコツ

50代の大人女性が取り入れるべきプチプラアイテムは、どんなものでしょうか?着こなしのコツとあわせて、具体的なコーディネートを見ていきましょう。

ベージュ+明るい色のコーデで肌をトーンアップさせる

50代の大人女性は、コーデの配色が暗くなる傾向があります。手頃な価格のプチプラ服を取り入れて、ぜひ明るい配色コーデに挑戦してみてはいかがでしょうか。その場合、ボトムスはベーシックなカラーのベージュ・キャメル・ブラウン系のパンツを合わせると安心感が出ます。反対に顔まわりに華やかな色や、肌のトーンアップ効果を持つ白を入れると良いでしょう。さらにボトムスで使用している色と似た同系色をトップスのどこかに入れるとコーディネートの統一感が高まります。
また、50代の大人女性がプチプラ服で高見えさせるには40代女性同様に服の素材が重要です。とはいっても強い光沢感や透け感のある素材は多用しなくてOK。どちらかといえば、ミラノリブ素材など生地密度の高いお洋服が似合います。ボトムスもできるだけ服の生地表面がなめらかな質感のものを選びましょう。

重ね着しやすいノースリーブワンピースは使い勝手よし

50代の大人女性は重ね着コーデを取り入れると、プチプラ服でも高見えしやすくなります。重ね着というと高度な着こなしテクニックを要するイメージがありますが、実はそんなに難しくはありません。ポイントは重ね着をしやすいアイテムを選ぶことです。なかでもおすすめは黒のノースリーブワンピース。
ワンピースのインナーにはタートルネックのニットを合わせたり、上からオーバーサイズニットを重ねたりすると印象もガラリと変化します。夏場は一枚で着て、上からカーディガンを羽織るなど着回し力も高く使い勝手の良さを感じるでしょう。気になる体型カバーにも役立って、ノーブルな上品さも感じられるためおすすめです。

足さばきの良いプリーツスカートに挑戦を

大人になると良くも悪くも自身のコーディネートが定番化しやすくなります。さらに50代になると、体型の変化や暖かさ、動きやすさといった快適さも外せないポイントに。そんななかで、あえて挑戦していただきたいのがプリーツスカートです。
プリーツスカートはできればゆらゆらと揺れる薄手素材のものだと、プチプラ価格でも高見えしやすいのでおすすめです。真冬時期は厚手のタイツにブーツを履けば暖かさも維持できますし、何よりウエストゴムで楽チン&足さばきの良さが魅力的。動きやすさを重視する方ほどパンツを選びがちですが、パンツ以上に活動しやすく着こなしが上品に決まるのでプリーツスカートが一枚あるとコーディネートの幅も一気に広がります。

迷ったら、なめらか素材を選べばハズさない

いずれの世代にも共通して言えるのは“素材に注目する”という点です。とろみのあるなめらか生地、光沢感のある素材、透け感が美しい素材はどのアイテムでも高見えしやすいので迷ったらぜひ素材に注目して選んでみてください。

執筆者紹介

名前
角佑宇子(すみゆうこ)
プロフィール
ファッションスタイリスト&ライター
スタイリストアシスタント・パーソナルスタイリストの経験を経て、ファッションコラムを執筆。体型や顔立ちからより良い似合う服を選べるよう着こなし術を紹介している。