レディースファッション

法事の香典はいくら包む?親族の金額相場や香典袋の書き方・渡し方について解説

公開日:2022/03/22

法事の香典はいくら包む?親族の金額相場や香典袋の書き方・渡し方について解説

「法事に招かれたけど服装や香典などのマナーがよくわからない」という方は多いのではないでしょうか。法事の場でも、通夜・葬儀と同様にさまざまなタブーやマナーがあります。故人を悼む気持ちを表すマナーや心得、香典袋の書き方、香典でいくら包むかの金額相場についても解説します。

法事の香典はいくら包む?親族の場合の金額相場

まず葬儀とは誰かが亡くなったとき「通夜・葬式(宗教的儀式)・告別式(社会的儀式)」を執り行い故人の冥福を祈ることです。
現代では初七日も同時に行うことがほとんどです。法事とは広くは仏事全般をさしますが、一般的には亡くなった後、故人のご供養のため一定の周期で親族や知人・友人が集まって故人の供養をすることをさします。僧侶が御経を唱える法要や、法要後の会食も法事の中に含まれています。法事には忌日法要と年忌法要があり、宗派や地域によっても違いがあるため、慣れない地域の場合はその土地の親族、いなければ葬儀社の人と相談しましょう。

香典はお悔やみの気持ちとして、お花や線香の代わりにお供えするものです。そのため、香典をお渡しすれば供物(くもつ)は必要ありません。
香典で包む金額の目安は以下の通りですが、年齢や故人との関係性によって変わります。そして、包む金額は偶数ではなく奇数にしましょう。偶数は割り切れるため「縁が切れる」「故人とのつながりが切れる」と連想するためタブーとされています。

20代 30代
両親 3~10万円 5~10万円
兄弟姉妹 3~5万円 3~5万円
祖父母 1万円 1~3万円
叔父・叔母 1万円 1~3万円
その他の親戚 5千~1万円 5千~1万円
勤務先の上司 5千円~ 5千~1万円
勤務先の同僚 5千円~ 5千~1万円
勤務先社員の家族 3千~5千円 5千円~
友人・知人 5千円 5千~1万円
隣近所 3千~5千円 3千~1万円
40代 50~60代
両親 5~10万円 5~10万円
兄弟姉妹 5~10万円 5~10万円
祖父母 3~5万円 3~5万円
叔父・叔母 1~3万円 1~3万円
その他の親戚 1~3万円 1~3万円
勤務先の上司 1万円~ 1万円~
勤務先の同僚 1万円~ 1万円~
勤務先社員の家族 1万円~ 1万円~
友人・知人 5千~1万円 1万円~
隣近所 3千~1万円 5千~1万円

法事での香典袋(不祝儀袋)の種類・書き方・渡し方などのマナー

香典袋(不祝儀袋)は水引が「結び切り」「あわじ結び」になっており、2度と同じことが起きないようにという意味が込められています。いざというときのために、香典袋の選び方や書き方のマナーを確認しておきましょう。

法事での香典袋の種類

香典袋には、シンプルなものから和紙に双銀・白黒の水引が結ばれているものなど、さまざまな種類があります。香典袋の中に入れる金額によって、ふさわしい袋のタイプが異なります。なお、黄白の香典袋は関西より西で使用します。

⋆水引が印刷された略式のもの・・・3,000円~5,000円を包む場合に使用
⋆双銀・白黒の水引付き・・・10,000円~30,000円を包む場合に使用
⋆双銀10本以上の飾り水引付き・・・50,000円以上を包む場合に使用

香典袋の書き方

香典袋の書き方にもマナーがあります。薄墨や濃墨、中袋の書き方などをご紹介します。

⋆薄墨について
通夜・葬儀では「悲しみの涙で墨が薄くなってしまいました」「突然の訃報でしっかり墨を磨る時間がありませんでした」という意味から薄墨を使いますが、四十九日以降の法要では、事前に予定が決まっているため濃墨でかまいません。

⋆表書きは?
一般的には、四十九日までは「御霊前」。その後は、故人は成仏されたと考え「御仏前」と書きます。ただし、浄土真宗では「御香典」「御香料」とします。キリスト教は「御花料」、神道は「御玉串料」「御榊料」。宗教、宗派が分からない場合は、一般的な書き方の「御霊前」でも失礼にあたりません。
名前はフルネームで書きましょう。夫婦連名の場合は、夫がフルネーム、その左に妻の名前を書きます。夫の代理の場合は、夫の名前は中央に書き、代理が提出したことを示すために左下に「内」と小さく書きます。

⋆中袋の書き方
中袋には金額・住所・氏名を明記します。ここに書かれている住所宛てに香典返しを送るため、薄墨ではなく、ペンやボールペンではっきり正確に書きましょう。書く場所は罫線などで指定してある場合はそれに沿って、何もなければ金額は表中央に書き、住所・氏名は裏に書きます。また、金額は間違いのないよう、算用数字ではなく旧漢字(壱、参、伍、拾など)にし、頭に「金」を入れます。中袋がない場合は、裏に金額と住所を書きましょう。

  • <表書き例>

  • <中袋表の例>

  • <中袋裏の例>

香典におけるマナー

次に香典の包み方や渡し方、その他法事でのマナーを説明します。つい見落としがちなことも、あらかじめ知っていると落ち着いて行動することができますね。

⋆新札は避ける
通夜・葬儀では「不幸を予測して、あらかじめ用意していた」という印象になるため、相手に手渡すお金に新札は失礼とされています。四十九日以降は迷うところですが、やはり不祝儀のマナーとして新札に一つでも折り目を入れてお渡ししましょう。

⋆お札の向きに気をつける
お札に描かれた人物の顔が裏側になるようにします。これはお悔やみの気持ちで「顔を伏せる」ことを表しています。数枚包む場合は向きを揃えます。

⋆外包みは上側の紙が下の紙にかぶるように重ねる
香典袋の裏側は、上側部分をかぶせるように折ることで「悲しみで目を伏せている」状態を表します。

⋆袱紗(ふくさ)に包むのが礼儀
ご祝儀や香典を包む袱紗(ふくさ)ですが「爪付き袱紗」「台付き袱紗」「金封袱紗」があり、法事で使用する際は、黒よりは紺・紫・灰色などが適しています。現代は扱いが楽で香典袋が折れることがない「金封袱紗」が主流です。

⋆渡し方に気配りを
典袋は、受付で渡す直前に袱紗から出し、担当者が名前を読めるような向きで渡しましょう。そして「参列させていただき恐縮です」「心ばかりですがお供えください」と言葉を添えます。通夜・葬儀ではありませんので「お悔やみ申し上げます」の言葉は必要ありません。

法事に参列する際の服装マナーと注意点

法事に参列するときは礼服が基本です。葬式ほど厳格さを求められることはありませんが、失礼のないよう準備しましょう。

⋆初七日~一周忌
喪服が基本です。黒のワンピースやスーツ、アンサンブルなどに黒のストッキング。黒の靴やバッグで光沢や飾りがないものを用意しましょう。

⋆三回忌以降
親族は喪服が基本です。参列者は、黒・グレー・濃紺のワンピースやスーツ、アンサンブルの服装が基本となります。三回忌以降「平服で」と書かれていることがありますが、カジュアルスタイルのことではありませんので気をつけましょう。

⋆アクセサリー
華美なものは避け、結婚指輪、パールのイヤリング・ネックレスなどで上品に仕上げましょう。

法事の際にふさわしい服装を具体的に紹介します。

ジャケット+ワンピースで正式な喪服です。三親等まではこのタイプの喪服を着用することをおすすめします。特に写真の装いは、スタンド衿の上質なジャケットに、切替デザインのワンピースで気品が漂います。オールシーズン使えるのもポイントですね。

ワンピースは準喪服ですが、このタイプは膝がかくれるスカート丈と、やわらかなドレープ、そして小ぶりなクラッチバッグが上品な印象です。ゆったりとしたシルエットなので、ちょっと体型が気になる方や、長時間同じ姿勢が辛いという方にもおすすめです。靴のヒールは安定感のある3~4㎝が適切です。

法事では、悼む気持ちをもって

法事では先祖や故人に感謝し、ご冥福を祈る気持ちとご遺族に寄り添う気持ちが大切です。服装や香典、言葉のマナーなどは、その気持ちを表すものです。場の状況や自分の立場を考え、心を込めて整えましょう。

執筆者紹介

名前
尾形圭子
プロフィール
マナー講師/僧侶
航空会社、外資系企業に勤務後、マナー講師として独立。研修や講演の他、雑誌への寄稿やTV出演も。著書は「お葬式5分前!」「お付き合いのマナー新事典(共著)」など30冊以上。