レディースファッション

プロが解説!大人のぽっちゃりおしゃれコーデのコツ。40~60代女性におすすめの着痩せアイテムも紹介

公開日:2022/01/18

プロが解説!大人のぽっちゃりおしゃれコーデのコツ。40~60代女性におすすめの着痩せアイテムも紹介

重ね着が必須となる寒い冬。ですが、着膨れするのは避けたいところですよね。特に体型のお悩みを抱えている40代以降の女性は多いのではないでしょうか。そこで今回は40〜60代のぽっちゃり体型な方におすすめのコーデや着痩せアイテムをご紹介します。

スタイリスト解説!40代・50代・60代の大人のぽっちゃりおしゃれコーデを作るコツ

大人のぽっちゃりおしゃれコーデを作るコツは「色の視覚効果を活用する」

40~60代の大人世代のぽっちゃり女性は、洋服のデザインで体型をカバーするよりも色を駆使してスタイルアップを狙うのがおすすめです。
どうしても年齢を重ねると、服に華美な装飾があるほど痛々しく見えたり、安っぽく見えたりしてしまいがち。なので、服のデザインはなるべくシンプルに。そして色使いを工夫すると、より上品にコーデがまとまります。
スタイルで特に気になるパーツ(体型カバーしたい部位)は、黒やネイビー、ダークグレーといった暗い色で引き締め効果を持たせるのがおすすめ。それ以外のパーツには明るい色を活用することでコーデ全体にメリハリが生まれて着痩せ効果につながります。

大人のぽっちゃりおしゃれコーデを作るコツは「光沢素材で立体感を出す」

大人のぽっちゃりさんにおすすめのもう一つのコーデポイントは、光沢素材を積極的に使用することです。光沢素材といえば、サテン・レーヨン・シルク・ジョーゼットいった素材が身近なアイテムですね。光沢素材は見た目に高級感と上品さを与えることができる上に着痩せ効果も期待できます。
というのも、光沢素材は服が発光しているぶん通常の服よりも深い陰影が現れます。この影となっている部分が多いほど、体のラインがよりシャープに見えるので体型カバーにも役立っているというわけです。下半身が気になる方は光沢素材のボトムスを。上半身をカバーしたい場合はブラウスやニットに光沢感があるものを選ぶと良いですよ。

【年代別】おしゃれ度アップ!大人のぽっちゃりさん向けおすすめ秋冬アイテム

40代のぽっちゃりさんにおすすめ秋冬アイテムは「フレアスカート」

40代は体型の変化に戸惑う年代。特にお尻や下半身まわりの変化が大きく感じられるのではないでしょうか。垂れ尻・四角尻などヒップラインも気になるところです。 そのような悩みを抱えている方は、まずは下半身カバーに役立つアイテムを取り入れてみましょう。
そこでおすすめなのがフレアスカート。秋冬にはベロア素材も良いですが、季節問わずに長く活用することを考えるなら、やっぱりサテン素材がおすすめです。
フレアスカートは、似たアイテムのギャザースカートやプリーツスカートと違って、腰まわりはスッキリ。脚のつけ根あたりからゆったりと広がるラインが特徴的です。下腹部からお尻の着膨れを回避しつつ、脚全体をカバーしてくれるのが嬉しいポイントですね。脚の冷えが気になる方は厚手のタイツにロングブーツで隙間風防止対策を徹底しましょう。

50代のぽっちゃりさんにおすすめ秋冬アイテムは「カーディガン」

50代は筋力の低下などが原因で、体全体がたるみやすくなる年頃と言われています。また基礎代謝も落ちやすく、冷えやむくみに悩みがちに。しっかりと体を温めてくれる羽織りものは必要不可欠です。そこでおすすめなのが体型カバーにも役立つロングカーディガン。背中・バスト・脇腹の気になるお肉も、カーディガンを羽織れば全体的にカバー。また、表面が滑らかな肌触りのカーディガンを選ぶと、よりスッキリして見えます。肩から裾にかけてAラインに広がるドレープカーディガンは、シルエットも美しく仕上がるのでおすすめです。

60代のぽっちゃりさんにおすすめ秋冬アイテムは「きれい色ニット」

実は控えめな色より、発色の美しい明るい色が似合うのが60代女性です。つい、無難な色でコーデをまとめてしまいがちな方ほど華やかな色を取り入れると、まわりの反応もガラッと変わります。また、何よりご自身のモチベーションアップにもつながります。もちろん、きれいな色のアイテムは、体型カバーにも一役買ってくれますよ。
暗い色は引き締め効果があるいっぽうで、見る人に「重たそう」といった心理を働かせる色でもあります。反対に明るい色は、軽やかな雰囲気をもたらします。なので、全身でもっとも注目される上半身に発色の良いニットを取り入れ、下半身に暗めの色のボトムスを取り入れるとスタイルアップ効果が高まります。

上半身が気になる、大人のぽっちゃりさん向けコーデ

深めVネックのIラインワンピで縦ラインを作る

上半身ぽっちゃりさんは、Iラインシルエットのニットワンピースで直線的なスタイルを作りましょう。基本的にIラインシルエットは、どのぽっちゃりタイプの方でも着痩せ効果があるのでおすすめです。特に上半身ぽっちゃりさんに選んでいただきたいのが深めVネックです。Vネックの切り込みが深いと縦のラインを強調できるので、肩まわりや上半身の厚みがスッキリして見える傾向にあります。
さらにセンターシーム(ワンピースの中心に縫い目が入っているデザイン)があると、なおスタイルアップ効果が期待できますね。ボトムスはトレンドのニットレギンスを合わせても良いですし、定番の細身パンツにしても問題ありません。

暗め色ニット+カラースカートでメリハリをだす

冒頭でお伝えしたコーデの配色(気になる部分には暗い色、それ以外のパーツには明るい色)で体型カバーを狙うテクニックも上半身ぽっちゃりさんにおすすめです。上半身が気になる方の場合、トップスのニットを暗い色に、ボトムスに色モノを取り入れると好バランスです。ただ、真っ黒な色は重たい印象を受けるのでニットの場合はミックスヤーンなど2色以上の糸が混じり合ったニットを活用すると良いでしょう。
さらにアウターはニットの色よりも明るい中間色を取り入れると、引き締め効果を維持しつつ顔まわりも華やかにまとまります。

下半身が気になる大人のぽっちゃりさん向けコーデ

カラーニット+柄パンツで視線を散らす

下半身ぽっちゃりさんの場合は、上半身に視線が集中するカラーニットをONするのがおすすめです。また、ボトムスは柄モノが◎ 単色無地だと、どうしても下半身のボディラインに視線が集中しやすくなります。その点、柄が入るとボディラインへの視線が削がれ、下半身のボリュームも目立ちにくくなるのです。秋冬なら定番のグレンチェック、トレンドのジャガード、小紋柄がおすすめ。
そして腰、お尻のラインを隠してくれるロングカーディガンは、大人の女性の必須アイテムとしてぜひ取り入れていただくと良いでしょう。

ニットベストを加えコーデに立体感を出す

下半身ぽっちゃりさんは、コーデが単調かつ平面的に見えるほど、ボリューミーに見えがちです。そのため、一枚でコーデが完成するニットワンピースよりも、重ね着コーデをマスターするほうがおすすめです。そこで役立つのが今季トレンドのニットベスト。寒い日は重ね着ができるように短い丈のオーバーサイズニットを代用してもOKです。
ニットよりも丈が長いカットソーまたはシャツが加わることで、服が3層に重なるためそのぶん着こなし全体に立体感が生まれます。そうすると下半身のボディラインも目立たなくなり、おしゃれな印象も引き立って良いですね。さらにロング丈のAラインコートを合わせると着痩せ効果もアップします。

さまざまなテクニックを少しずつ盛り込む

体型カバーテクニックは、ゆったりした服で体を覆い隠すという手法だけではありません。色の取り入れ方を意識する。組み合わせる服の素材にメリハリをつける。体のパーツを部分的に隠したり、見せたりすることで目の錯覚効果を誘発させる。こういったテクニックを少しずつ取り入れると全体が見違えるほどにスッキリ見えるので、ぜひ取り入れやすいポイントから活用してみてくださいね。

執筆者紹介

名前
角佑宇子(すみゆうこ)
プロフィール
ファッションスタイリスト&ライター
スタイリストアシスタント・パーソナルスタイリストの経験を経て、ファッションコラムを執筆。体型や顔立ちからより良い似合う服を選べるよう着こなし術を紹介している。