レディースファッション

【2022】冬のワンピースコーデのコツ!重ね着しても着痩せしてみえるポイントを解説!

公開日:2021/12/14

【2022】冬のワンピースコーデのコツ!重ね着しても着痩せしてみえるポイントを解説!

今年の冬はワンピースに重ね着をするスタイルが流行中。ですが、一歩間違えると着ぶくれして見えてしまうのが悩みどころです。すっきりと着痩せして見える冬のワンピースの着こなし、選び方をご紹介します。

【2022】大人女性におすすめ、冬ワンピースのトレンドは「レイヤード(重ね着)」と「スエード調素材」

今季、40代・50代女性におすすめの冬ワンピースのひとつに「レイヤード風ワンピース」があります。さまざまなタイプのレイヤード(重ね着)風ワンピースがありますが、サイドに深くスリットが入っていて、まるでロングスカートを下に重ね着しているかのように見えるワンピースは、1枚でおしゃれスタイルの完成です。レイヤード風のため、実際に重ね着をした時のような着ぶくれを心配することもありません。また深く入ったスリットは、シャープな印象で甘くなりすぎず、40代・50代女性にぴったりのアイテムです。ショートブーツを合わせても素敵ですが、今年流行りのロングブーツと合わせても暖かさとおしゃれさを兼ね備えた上品コーデにまとまります。

こちらのワンピースは深めのVネックが顔まわりをすっきり見せてくれます。40代50代女性でも甘くなりすぎないデザインが嬉しいポイント。またスカート生地はたっぷりとした量がありますが、ドラマティックな落ち感があるため広がりすぎず、絶妙な着痩せ効果をもたらしてくれます。トップスにコンパクトなタートルネックセーターやボリューム袖のブラウスなどと合わせると今年らしいおしゃれスタイルが作れます。
また、ファッション業界で今季注目されているのは、スエード調素材やフェイクレザー素材といった合成繊維の生地を加工したもの。本革よりも軽くてお手入れも楽なため、気兼ねなく普段使いできます。今年の冬の顔として、素材に注目してワンピースを探してみるのもおすすめですよ。

冬のワンピースコーデのコツ!重ね着しても着痩せしてみせるポイントは?

ポリエステル素材でさらっとした光沢感ワンピースを選べば、厚手コートを羽織っても、着太り知らず。

ドット柄のような柄物は、目の錯覚により体のラインを目立たなくさせてくれる効果があります。冬はボリュームたっぷりのニットや、厚手のコートなどを着るため、どうしても重たく着ぶくれしやすくなりがち。ですが、さらっとした薄手生地のワンピースを合わせることで抜け感が出て、冬のコーデが軽やかにすっきりとまとまります。
ゆったりとしたニットを上から着たり、ロングカーディガンをバサッと羽織った重ね着スタイルも異素材ミックスで新鮮なおしゃれスタイルに仕上がります。

バックスリットワンピースで背中の丸みを解消!後ろ姿美人に。

背面に印象的なスリットが施されたニットワンピースです。後ろにスリットがあるおかげで、スリムパンツだけでなくワイドパンツやロングスカートと重ね着をしてもシャープな印象になります。
今年は気持ちが明るくなるような華やかな色味が流行中。重たくなりがちな冬のコーディネートも色味で軽やかさを取り入れることで着痩せにつなげましょう。

コーデュロイ生地のジャンパースカートも、深めのVネックで痩せ見え

温かみがあるコーデュロイ生地のジャンパースカート。深いVネックと前開きボタンで縦のラインを印象付けてくれるため、すらっとスマートに見えます。タートルネックニットと重ね着をし、タイツやブーツを合わせるとかわいらしい印象に。ジャンパースカートの前部分を開けて、パンツやスカート+タートルネックなどのニットの上からロングジレ(ベスト)のように羽織るとシャープで格好良い印象に。どちらのスタイルも素敵です。

袖なしワンピースで着太り知らずなスタイルへ

長袖の地厚のワンピースだと体が大きく見えてしまうこともありますが、ベスト風の袖無しダウンワンピース(ジャンパースカート)は暖かさを保ったまますっきりとしたシルエットを作ってくれます。
また、こちらのダウンワンピースは脇の縦ラインに異素材のリブがあしらわれているため、メリハリがあり、スリムに見えるコーデを作りだしてくれるでしょう。前のファスナーを閉めてワンピースとしてタイツやブーツを合わせるとコンパクトにまとまり、かわいらしい印象になります。また、細身のパンツにシャツやニットを合わせその上からジレ(ベスト)風に着ることもできます。とても寒い日には、ライダースジャケットを着た上からダウンワンピースを着たり、オーバーサイズのコートの下にインナーダウンとして着用できたりするため、着回し抜群のありがたい1枚です。

冬コーデのどっしり感とサヨナラできる、異素材ドッキングワンピース

異素材のドッキングワンピースは、 「重ね着のもたつき」を軽減してくれます。1枚でおしゃれに決まるだけでなく「冬のコーデの重たさ」を減らしてくれる点も嬉しいポイント。また、短めのトップスやサイドの切り込みのおかげで気になるお腹まわりを締め付けず、コーデのシルエットは着痩せして見せてくれる効果もありがたいですね。

Vネック・裾ジップスリットで裏起毛ワンピースをすっきり着こなす

シンプルなVネックワンピースは、ストレスフリーの楽ちんコーデです。しかし、ひとつ間違えるとカジュアルな印象になりすぎ、シルエットも丸みが強調されて着太りして見えてしまうことがあります。着太りして見えづらいワンピースとして、顔まわりをシャープに見せるVネック、肩のラインが適度に落ちて肩幅を華奢に見せてくれるラグランスリーブ、そして裾にスリットが入ることなどを意識して選んでみましょう。裾にスリットがあることで、足さばきが良くなるだけでなく縦のラインが作られ着痩せして見える効果があります。
お家ではタイツやレギンスパンツを合わせてリラックスコーデ、お出かけ着としてはロングのプリーツスカートと合わせて足元をショートブーツにするだけで華やぎスタイルに変身できますよ。

流行りの重ね着ワンピースコーデをすっきり着こなす

今年の冬は“重ね着スタイル”も上手にすっきり着こなしましょう。またドッキングワンピースや縦ラインを意識したワンピースを選べばワンランクアップしたスタイルが完成します。ポイントを押さえたアイテムを選べば、冬の着ぶくれ・着太りともサヨナラできますよ。

執筆者紹介

名前
平家さら(へいけさら)
プロフィール
主に神奈川・東京エリアでパーソナルスタイリストとして活動。丁寧な事前カウンセリングをし、ショッピングアテンドでお客様の魅力を最大限に生かしたファッションスタイリングをご提案しています。HP:https://www.crstylesara.com