レディースファッション

ダウンジャケットの洗濯・お手入れ方法!失敗しないコツをプロが解説!

公開日:2021/12/14

ダウンジャケットの洗濯・お手入れ方法!失敗しないコツをプロが解説!

暖かくて軽い、冬に大活躍のダウンジャケット。しかし、汚れてしまった場合にどのようにお手入れしたら良いのか悩みどころではないでしょうか。クリーニングに出す方も多いかと思いますが、実はダウンジャケットによっては家庭で洗濯・お手入れできる可能性があります。今回はダウンジャケットの失敗しない洗濯・お手入れのコツや手順をお伝えします。

ダウンジャケット(ダウンコート)は自宅で洗濯・お手入れ可能?見極める方法は?

自宅で洗濯やお手入れできるダウンジャケットかを確認!

まずはダウンジャケットの洗濯表示を確認しましょう。

数字や線の本数が異なっていても、桶のマークの洗濯表示があれば洗濯機で洗うことができます。傷みを防ぐために洗濯ネットに入れ、「おしゃれ着モード」「手洗いコース」など弱水流で洗濯するコースを選びましょう。

上記の洗濯表示は手洗いが可能なことを意味しています。洗面器や洗面ボウルに水を張り優しく押し洗いします。

こちらの洗濯表示がある場合、家庭での洗濯は難しいのでクリーニング店に依頼しましょう。

ダウンジャケットを自宅で洗濯・お手入れする際の注意点

洗濯機でも手洗いでも、ダウンジャケットを洗う際はおしゃれ着洗い用の洗剤を使用します。すすぎの際にはお好みで柔軟剤を入れてもOKです。その他、袖口や襟などの部分的な汚れに対してはスポンジや歯ブラシを使っても良いでしょう。乾燥時の型崩れを防ぐために厚めのハンガーがあると便利です。
ダウンジャケットは空気をたくさん含んでいて浮きやすいので、洗濯槽の中でうまく水に浸らない場合があります。ネットに入れたダウンジャケットを大きなバスタオルでくるんで水に浸すなど工夫してみてくださいね。

ダウンジャケットの失敗しない洗濯・お手入れ方法

ダウンジャケットを自宅で洗濯・お手入れする方法

1.まずはダウンジャケットをたたみ洗濯ネットに入れましょう。型崩れを防ぐためファスナーを閉め、フードなどの付属品は外しておきます。袖口やポケットなど汚れがついている部分があれば、そこが外側にくるようにたたんでください。

2.水、またはぬるま湯に規定量の洗剤を入れた中にダウンジャケットを入れます。
洗濯機の場合は「おしゃれ着コース」「手洗いモード」を選択します。手洗いの場合は優しく押し洗いをしましょう。揉んだりこすったりする洗い方は生地を傷める原因となるので、水の中にやさしく沈める→浮き上がりを待つ、を繰り返します。洗濯機で1分脱水後、洗う時と同様にやさしくすすぎ再び洗濯機で1分脱水します。すすぎの回数は洗剤の説明に従ってください。

3.脱水後、羽毛が偏っている場合は表と裏から両手で挟むようにして軽くほぐしてからハンガーにかけて干します。内部に水分が残るとニオイやカビの原因となるので2~3日間は風通しのよい場所に吊るして乾燥させます。特にシーズン終わりで収納前のお手入れの場合は念入りに乾かすようにしてください。

ダウンジャケット以外の羽毛製品(レッグウォーマーやネックウォーマーのような小物、寝具やひざ掛けなど)でも洗濯可能な表示が記載されていれば同様に洗うことができます。汚れが気になる場合には洗濯表示を確認した上でお手入れすれば快適に着用、使用ができるようになりますよ。

「汚れた部分だけ洗いたい!」ダウンジャケットの一部洗いは可能?

全体を丸洗いするほどではないけれど、調味料をこぼしてしまった、または手垢や汚れがつきやすい袖口やポケットまわり、汗や皮脂がつきやすい襟まわりをお手入れしたいという場合は部分的な洗濯をおすすめします。 方法は難しくありません。おしゃれ着用洗剤もしくは食器洗い用中性洗剤を直接汚れている部分に塗布します。かたく絞ったスポンジや歯ブラシでトントンと軽く叩くようにして汚れを落とします。(※擦ると生地が傷むので要注意です)
汚れが薄くなってきたら、お湯で絞ったタオルで洗剤分を拭き取ります。 食べこぼしや皮脂を含む油汚れには食器用洗剤、ファンデーション汚れにはクレンジングオイル、泥汚れには石鹸というように汚れの種類に合った洗剤を使うことがコツです。 また、全体的なお手入れ(洗濯)をする前に上記のような部分洗いをすることでよりキレイに仕上がりますのでお気に入りで頻繁に着用しているダウンジャケットがある方は、ぜひこのひと手間をかけてみてください。

自宅では洗濯・お手入れが難しいダウンジャケットをキレイにする方法

洗濯不可のダウンジャケットの場合、装飾にファー(毛皮)が使用されていたり、外側の生地にシルク、レザーなど特殊な素材が使われていたりするケースが多いです。そういった素材の衣類を家庭で洗ってしまうと縮みやヨレ、色落ちなどが生じるリスクがありますのでクリーニング店に依頼して対応してもらいましょう。家庭では着用後にハンガーにかけて風通しをよくすることでニオイやカビ防止を心掛けましょう。消臭スプレーを使用したい場合はシミなどの影響が出にくい裏地部分にスプレーすることをおすすめします。

暖かく軽いダウンジャケットで寒い冬を乗り切りましょう

さまざまなデザインが選べる上に、昨今はコートのインナーになるような薄手のものから足元まで防寒できるロングコートまで形状やデザインもバリエーション豊かなダウンジャケット。冬のおしゃれの必需品ですね。お手入れ方法も慣れてしまえば簡単です。洗濯の仕方が分からなくて敬遠していた方も、この冬は暖かくておしゃれなダウンジャケットをぜひ取り入れてみてくださいね。

執筆者紹介

名前
出口知子
プロフィール
整理収納アドバイザー
お掃除スペシャリスト・クリンネスト2級認定講師
株式会社ハート・コード(https://heartscode.com/)にてお片付けや掃除でお困りのお宅にて現場作業を行い、各家庭に合った収納用品や効率良いお掃除方法を提案している。のべ1000件のお宅をととのえた経験を活かし講師としても活動中。