レディースファッション

コンフォートシューズとは?女性におすすめの履き心地の良いシューズ・パンプスを紹介

公開日:2021/11/16

コンフォートシューズとは?女性におすすめの履き心地の良いシューズ・パンプスを紹介

外出時に張り切って家を出たものの、靴が合わなくて歩くのが辛い…そんな経験をしたことがある方は多いのではないのでしょうか。実は近年、足の健康に注目が集まっており、靴のお悩みを解消するためのコンフォートシューズがたくさん作られています。もう外出時に痛い思いをしなくて済むように、履き心地の良い靴を探してみましょう。今回は、工夫が詰まった快適な靴をご紹介します。

コンフォートシューズとは?どんな靴のことを指す?

コンフォートシューズとは、快適な履き心地に焦点を当てて作られた靴のことです。 足のお悩みは人それぞれなので、「これがあればコンフォートシューズ」というはっきりとした定義や条件はありません。その分、フィット感や生地の柔らかさ、歩く時の安定性など、足の負担を軽減するために、さまざまな機能を持った靴が設計されています。
「重い靴で足が疲れやすい」「硬い素材は靴擦れしてしまう」「外反母趾が辛い」など、一度ご自身の足の悩みを振り返ってみて、それに対応したコンフォートシューズを探してみてくださいね。
足のかたちは人によって違うので、足長(1番長い指の先からかかとまでの長さ)の他にも、
・足幅(親指の付け根のふくらみから小指の付け根のふくらみまでの直線のサイズ)
・足囲(親指の付け根のふくらみと小指の付け根のふくらみを通って甲回りを1周したサイズ)
などを計って把握しておくと、シューズ選びに役立ちます。

大人の女性におすすめのコンフォートシューズ・スニーカーはコレ!

硬い靴が合わなかった経験があり、柔らかさのある靴を選びたいと考えている方へ。クッション性に優れた「マシュマロインソール」が採用されているスニーカーです。低反発と高反発の良さをどちらも取り入れたインソールで、柔らかくて優しい歩き心地を実現してくれます。かかとには、衝撃吸収エアークッション付。内側にファスナーがあるので、脱ぎ履きも簡単です。

今までに靴を履いた時に、親指の付け根や小指の付け根が痛くなったことがある方は、靴の幅が合っていなかったのかもしれません。幅広タイプの方におすすめなのが、こちらのスニーカーです。5Eプラスサイズで、ゆったり履くことができますよ。足裏に適したアーチクッションのあるインソールが、足を優しく支えてくれます。

コンフォートシューズを履いている時も美脚に見せたいシーンには、こちらのシューズがぴったり。5cmのエアーヒールが、足を美しく見せてくれますよ。ハイカット仕様が足首を優しくサポートして、歩きに安定感をもたらしてくれます。

靴に重さがあると、長い時間歩いたときに足の疲れを感じやすくなってしまいますよね。こちらのスニーカーは軽量設計且つ、屈曲ソールで足の疲れを軽減してくれます。かかとには反射効果のあるリフレクターが付いているので、夜道にも光を反射して安心して歩けるのが嬉しいポイント。

通勤時に履きやすい、コンフォートシューズ(パンプス)はコレ!

歩きやすい靴は見た目がイマイチというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、実は、履き心地とおしゃれの両方を叶えてくれるコンフォートシューズもあるんです。こちらのパンプスもそのひとつ。エレガントなリボンが付いていますが、実はリボンの下はストレッチ素材になっていて、足に優しくフィット。たくさん歩く予定がある日や、立食パーティーなどおしゃれをしたい日にぴったりです。

合わないパンプスを履いていると、かかとがすっぽり脱げてしまうことはありませんか。履き直しても、繰り返し脱げてしまってイライラ…。こちらのパンプスは、そんなお悩みを軽減してくれます。履き口のギャザーが足にフィットして、かかと脱げを防止してくれますよ。透け感のあるデザインもポイントです。

フィット感重視でシューズを選びたい方にはこちらのパンプスもおすすめです。甲の部分もストレッチ素材になっているので、足にふんわりフィットして安定感をもたらしてくれます。かかとの靴擦れも、クッションでカバー。ほんのりラメ入りで上品なデザインです。

健康的な毎日は足元から

歩くのが楽しくなると、運動不足の解消につながったりアクティブな気持ちになったり、心にも体にもきっと良い変化が訪れるはずです。さまざまなお悩みに対応しているコンフォートシューズの中から、ぜひあなたにぴったりな一足を見つけてみてくださいね。楽しみたいお出かけも頑張りたい通勤も、足元から優しくサポートしてくれますよ。

執筆者紹介

名前
nagi
プロフィール
IT企業での営業職を経て、フリーランスライターとして活動中。 生活雑貨やファッションアイテムに関する記事を中心に執筆しています。