レディースファッション

ブラジャーの選び方とつけ方のコツ!40・50代女性向け、お悩み別ブラジャーを解説!

公開日:2021/11/16

ブラジャーの選び方とつけ方のコツ!40・50代女性向け、お悩み別ブラジャーを解説!

年齢を重ねるごとに悩ましく感じるバストの問題。若い頃と比べるとバストのシルエットや質感は大きく変化するので、お悩みに合わせたブラジャー選びが重要です。今回は40代・50代向けのお悩み別おすすめブラジャーをご紹介します。

大人女性のブラジャーの選び方のコツ。サイズ・デザイン・機能性など、どう選ぶ?

どんなブラジャーを求めているのかを把握する

毎日身につけるブラジャーに、何を求めるかは人によってさまざまです。体のラインを補正してくれるブラジャーが欲しいのか、肌あたりがよくつけ心地を重視したいのか、もしくはバストボリュームを出したいのか、反対にボリュームを抑えたいのかなど……。
というのも、各お悩み全てを1枚のブラジャーでは解決できません。お悩みそれぞれに合わせた異なるアプローチ・設計をしたブラジャーが必要となります。そのため、まずはご自身のバストをチェックしましょう。もっとも解決したいバストの悩みやポイントを絞ってからブラジャーを選ぶと、ブラジャーに対する満足度が高くなります。

正しいサイズのはかり方

もっとも一般的なのは市販の下着屋さんでバストの測定をしてもらうこと。ですが、これはブラジャーを着用してサイズをはかるため誤差が生じやすいです。正しいサイズを知るには基本的にヌード状態ではかりましょう。

〈バストのはかり方〉
1:メジャーを背中にまわし、両脇ではさみます。背中とメジャーが平行になっているか鏡を見て確認しましょう。
2:そのまま90度の角度でおじぎをするように前かがみになります。
3:前かがみの状態のままメジャーをバストトップに当ててはかります。このサイズがバストトップサイズです。
4:次に鏡の前に立ち、メジャーを背中にまわして両脇に挟みます。
5:バストの膨らみのすぐ真下にメジャーを当てます。
6:中心部分でメジャーを交差させて採寸。このサイズがアンダーバストサイズです。

ブラジャーはこのバストトップとアンダーバストのサイズの開きによってカップ数がわかります。ただし、40代・50代のバストはとくにシルエットや肉質などに個人差が大きく出るので、一度自宅ではかった後は各サイズをメモして店舗で店員さんと相談しながら自分にとってベストなブラジャーの形を導き出しましょう。そうすると、より確信を持って相性の良いブラ選びができるようになるので、通販購入などでの失敗が格段に減少します。

40代・50代のブラジャーは「盛る」より「自然体」

美しいバストラインは、求めれば求めるほどに欲が出てきます。背中の肉をスッキリさせ、バストの横流れをカバーすると自然とバストアップするのは嬉しい反面、余計にバストを盛り過ぎてしまわないように気をつけましょう。盛ることを意識し過ぎるとブラジャー選びの見極めポイントがズレてしまい、少し我慢してでも小さめのアンダーバストサイズのブラジャーを買うといった失敗を起こしやすくなります。年齢や環境で変化しやすい大人のバストはあくまでもサイズにぴったりの、自然体なブラジャーを選ぶことが大切です。

ブラジャーの正しいつけ方!40代・50代女性が見落としがちなポイントは?

ブラジャーをつけたらカップに胸をしまい込む

基本的なつけ方としては、ストラップを肩に通して前傾姿勢でブラホックを留める方法です。このブラホックを留めた後に、体を左右に片側ずつ傾けてバストをカップの中にしまい込むのも忘れないようにしてください。普通に留めた段階ではブラジャーにバストが収まっていないため、脇や背中に流れたバストをなでるようにしてカップにしまうと自然なボリュームが生まれます。

ワイヤーブラはバージスラインに沿ってつける

ワイヤーブラが苦手という方の多くは「締めつけが苦しい」と感じている場合です。しかし、本来正しいサイズのワイヤーブラをつけていれば締めつけが苦しいこともなければ、体にワイヤー跡がつくこともありません。そうなってしまう原因はご自身のバストのバージスラインとワイヤー幅が合っていない可能性があります。

バージスラインとは下胸のバストラインのこと。体とバストの境目になるこのバージスラインは人によって幅の広さが違います。なので、バージスラインよりもワイヤー幅が小さいときつく苦しい感覚になるので気をつけましょう。両手をあげて脇のくぼみとバストをつなぐ沿線上にワイヤーがつながっていれば問題ありません。動いた時にズレてしまうのもサイズが合っていないので見直しましょう。

1年に1回のバストサイズチェック

体の変化は日々、気づかない間で起こっています。夕方頃のむくみ、生理前のバストボリュームの変化、身長さえも毎日数センチの誤差が生じているのです。なのに、多くの方はバストサイズが10年以上前と変わっていないと考え、よく調べずに何となくでブラジャーをつけている方も…。もう何年もバストを正しく測定していないという方は一度ブラのサイズをはかり直してみましょう。さらに、サイズの数字だけでは判別できないバストの変化もあるので1年に1回、少なくとも3年に1回は店舗でサイズチェックをすると良いですね。

大人女性におすすめ、お悩み別ブラジャー!

脇や背中のはみ肉をどうにかしたい方向けのブラジャー

立体感のあるノンワイヤーブラ。スポーツブラのような脇高設計でハミ肉を完全防止します。背中のストラップにはフチに幅広ゴムを使用しているためホールド力が高く、ブラと背中の間にできる段差をなくす役割を持ちます。締めつけにくい素材を使用しているので、アクティブに動く日にも最適です。

とくに背肉・脇肉に特化したノンワイヤーブラです。ポイントは脇下部分のデザイン、二重仕立ての裏打ちによって柔らかくなったバストの横流れを支えます。ダイヤカットで脇から背肉にかけて変な段差がなく立体的でスッキリとしたシルエットに。

ワイヤーや締め付け感が苦手な方向けブラジャー

硬いワイヤーがとにかく苦手。だけど、美しいシルエットを維持したいという40代・50代の要望を叶えた3次元設計のノンワイヤーブラです。ノンワイヤーだけれど、まるでコルセットのような立体縫製で体を360度スッキリしたラインを作ってくれます。また浮いてしまいがちな上胸のブカブカも解消。バストに沿ったキレイなシルエットが実現できそうです。

ワイヤーの締め付けはもちろんのこと、肩へのくい込みやブラジャーの蒸れから解放されたい方におすすめのノンワイヤーブラ。ノンワイヤーですがバストの境目にはキルトパネルが施されているので、バストの横流れも防止してくれます。深めVネックなので、デコルテの開いたお洋服にも合わせられそうです。

胸が大きいのでボリュームをおさえたい方向けのブラジャー

とにかく大きな胸を少しでもスッキリ見せたいなら、さらしタイプのブラジャーでボリュームダウンを狙うのもおすすめです。スポーツブラのように丈の長いブラジャーなのでバストの取りこぼしの心配もなし。前閉じボタンのシャツやブラウスを来たい時に。

まるで補正下着のようなスッキリ見せが叶うブラジャー。フロント部分はカシュクールタイプになっているので離れがちなバストもキュッと自然に理想的な位置に。バストが大きいと柔らかい肉質も相まって垂れやすくなるので、全体をしっかり覆ってくれるシルエットのブラジャーがおすすめです。

バストアップして見せたい方向けプラジャー

パッド入りのブラジャーはものによって不自然さが出やすいですが、こちらのブラジャーは上胸部分にまでパッドが入っているので、自然な丸みのあるバストラインを実現できます。とくに上胸のボリュームが足りずにカップが浮いてしまいやすい方におすすめ。

自分の体と向き合うと自信も高まる

若い頃に比べてハリがなくなって、垂れてきたという気持ちが強いとどうしてもバストに自信が持てなくなります。ですが、若い頃にはなかったバストの柔らかさも大人の女性特有の魅力です。ぜひ今の自分に自信がもてる、そんなブラジャーを見つけていきましょう。

執筆者紹介

名前
角佑宇子(すみゆうこ)
プロフィール
ファッションスタイリスト&ライター
スタイリストアシスタント・パーソナルスタイリストの経験を経て、ファッションコラムを執筆。体型や顔立ちからより良い似合う服を選べるよう着こなし術を紹介している。