レディースファッション

大人の女性に似合うスカートの種類を丈別・形別に紹介!コーデを格上げしてくれるスカートは?

公開日:2021/10/26

大人の女性に似合うスカートの種類を丈別・形別に紹介!コーデを格上げしてくれるスカートは?

さまざまな形や丈のスカートがあるため、「自分に似合うスカートがわからない」「いつも同じようなスカートばかり買ってしまう」といった悩みを持っている方も多いのではないでしょうか。
そこで本記事では、大人の女性に似合うスカートの丈や種類の特徴をご紹介します。スカート選びの参考にしてくださいね。

スカートの種類を丈別に紹介!

年齢を重ねるうちに、膝が隠れる丈や膝下より長い丈のスカートを選ぶようになったという方は少なくないでしょう。スカートは丈の長さによって細かく種類が分かれているので、ここでは大人の女性に合うスカートを丈別に紹介します。

ロング丈スカート

大人女性の定番スカートと言えば、「ロング丈スカート」です。もともとは、「ミニスカート」に対して「丈の長いスカート」という意味で使われていましたが、最近は丈の長さによって種類が細かく分かれているため、足首が隠れるほどの丈のスカートを「ロング丈スカート」や「ロングスカート」と呼ぶことが増えています。
布の面積が大きくボリューム感が出るため、ボトムにポイントを持たせたいときにおすすめです。特にブラックやネイビーなどの暗い色の場合、重たい印象になりがちなので、シフォンやサテンなどの軽い生地のものを選ぶと使いやすいですよ。

マキシ丈スカート

「マキシ」は、マキシマム(maximum)の略称で、くるぶしが隠れる程度の長さのスカートを「マキシ丈スカート」と呼びます。
足首が少し見えるため、華奢で女性らしいイメージになります。ショートブーツと合わせたり、タイツや靴下のカラーで遊んだりと、足元のおしゃれが楽しめるスカートです。

ミモレ丈スカート

フランス語で「ふくらはぎの中央部分」を意味する「ミモレ(mi-mollet)」。その言葉の通り「ミモレ丈スカート」とは、ふくらはぎの真ん中くらいまでの丈のスカートを指します。
コーデ全体のバランスがよくなる丈感で、季節問わず使いやすいです。
スニーカーやパンプスはもちろん、夏はサンダル、冬はブーツと、どんな靴でも合わせやすいのもミモレ丈スカートの魅力です。

ミディスカート

「ミディスカート」とは、膝が隠れる程度の丈のスカートのことです。
上品でフェミニンな印象のミディスカートは、大人の女性にぴったり。パンプスとミディスカートの組み合わせは、オフィスカジュアルコーデの鉄板です。
休日コーデなら、足元がすっきりまとまるフラットシューズと合わせるのがおすすめ。

スカートの種類を形別に紹介!

続いて、形別に大人の女性に合うスカートをご紹介します。

タイトスカート

「タイト(tight)」には「ぴったりした」という意味があり、体にフィットする形のスカートを「タイトスカート」と呼びます。ウエストから裾までまっすぐのラインになっているのが特徴。動きやすいように、スリットが入っていることが多いです。
知的な印象があり、スーツのボトムにもよく採用されるシルエットで、仕事やフォーマルな場にうってつけです。
体にフィットするため、体型に合ったサイズを選ぶようにすることで、ぐんとおしゃれに見えます。

フレアースカート

「フレアー(flare)」には、「朝顔形に開く」という意味があります。「フレアースカート」は台形型で、言葉の通り、裾が朝顔のように広がったスカートのことを指します。
ふんわりとしたシルエットで、着こなしが華やかになります。ボリューム感があるため、トップスはコンパクトにまとめましょう。
丈の長いフレアースカートは、体型カバーに優れているため、脚に自信がない方にもおすすめですよ。

プリーツスカート

「プリーツスカート」とは、等間隔にウエストから裾までのひだが複数入ったスカートのことです。プリーツの入り方によって「アコーディオンスカート」「ボックスプリーツスカート」などに細分されます。
プリーツによって生地に陰影が出て、歩くたびにスカートの表情が変わるのが魅力。上品なアイテムはもちろん、カジュアルなアイテムにも合わせやすく、幅広いコーデで活躍するスカートです。

コクーンスカート

「コクーン(cocoon)」は「繭(まゆ)」という意味で、「コクーンスカート」は腰回りが広がり、裾が少しすぼまったような形のスカートを指します。
腰回りがふんわりしているため、気になる下半身の体型カバーが叶います。
丸みがはっきりしていてゆるいシルエットのコクーンスカートは、ナチュラル系ファッションが好きな方にぴったりです。オフィスカジュアルには、タイトなコクーンスカートがおすすめ。

自分らしいスカートの種類を見つけて、おしゃれをもっと楽しく!

大人の女性に似合うスカートの種類をご紹介しました。
スカートを選ぶときは、ブラックやグレー、ネイビーなどのベーシックカラーにすれば、さまざまなアイテムと合わせやすく、おしゃれに苦手意識がある方には特におすすめです。
レッドやブルー、イエローなどの鮮やかなカラーのスカートは、コーデのアクセントになり、全体的に華やかな印象になります。
一口にスカートと言っても、丈や形、また素材やカラーによっても印象がガラッと変わります。ぜひ、ご自身の手持ちのアイテムや好みに合う種類のスカートを見つけてくださいね。

執筆者紹介

名前
高橋 なつき
プロフィール
出版社での雑誌編集者を経て、2018年からフリーで編集・執筆業をしています。ファッションや美容、ヘルスケアに関心が高く、勉強&実践の日々です。