レディースファッション

【七五三】親の服装選びの注意点やマナーを徹底解説!

公開日:2021/09/14

【七五三】親の服装選びの注意点やマナーを徹底解説!

子どものこれまでの成長を感謝し祝い、これからの健やかな成長を願う七五三は、家族にとって大切な行事です。より思い出深い七五三となるように、その意味や由来を知って、ふさわしいマナーや服装でお祝いしましょう。

七五三とは?七五三はいつやるもの?

七五三の起源は諸説あり、始まりは室町時代とも平安時代ともいわれています。 昔は、乳幼児の生存率が低く「七歳前は神の子」と言われ、神様に子どもが無事に成長した報告と祈念をする儀式がありました。医療の発達した今でも子どもの成長を祈り、感謝する通過儀礼の儀式、また三歳・五歳・七歳に行う行事として七五三が行われています。

昔は、三歳前の子どもは髪を剃り、三歳になると白髪に見立てた白髪に見立てた綿を頭にのせる「髪置き」の儀式を行い、髪を伸ばしました。三歳でのお祝いは「白髪になるまで長生きするように」と願いが込められた儀式が由来です。本来、三歳のお祝いは男女ともに行います。

五歳のお祝いは、初めて袴を着る「袴着」の儀式が行われます。当初は男女ともに行っていましたが、江戸時代になると主に男の子のお祝いとして定着しました。

七歳のお祝いは、子ども用の着物から大人と同じ仕立ての着物に帯を結ぶ「帯解(おびとき)」の儀式が行われます。当初は、男女ともに行っていましたが、江戸時代になると、女の子のお祝いとして定着しました。

七五三を行う日として、一般的に11月15日とされている理由は諸説あります。代表的な説は、徳川3代将軍家光が子どもである後の5代将軍綱吉の無事の成長を祈るため11月15日に袴着の儀式を行ったことが庶民にも広がったとされています。現在は、11月15日前後の家族の都合の良い日に行われることが多くなりました。

七五三での親の服装選びの注意点・マナー

七五三のお祝いに写真を撮って思い出として残すご家族も多いのではないでしょうか。子どもは、三歳は子ども用着物、被布、五歳は着物、袴、羽織り、七歳は着物と飾り帯とイメージできても、親は何を着たらよいのか迷ってしまいますよね。親としてふさわしい服装選びの注意点やマナーを紹介します。

・母親の服装選びの注意点・マナー

親の服装は、子どものように何歳の七五三にはこれを着るといった決まりはありません。神社にお参りをする場合にはカジュアルな服装や派手な服装は避けましょう。七五三は子どもが主役です。子どもより目立たず控えめで上品なスーツやワンピースといったフォーマルを意識した服装がふさわしいでしょう。

・父親の服装選びの注意点・マナー

父親の服装は母親の服装と格を合わせましょう。母親がスーツなら父親もスーツを、母親が少しドレスダウンしたセットアップやワンピースなら父親はジャケットスタイルにして、家族の服装のバランスをそろえましょう。

七五三での親の服装

フォーマル度高めと少しドレスダウンした家族の服装を具体的に紹介します。

・「母親の服装」和装

子どもの晴れ着がドレスなど洋装の場合は、和装の方が格上となりNGです。子どもが和装の場合は、母親も和装にすると家族の装いに統一感が出て素敵です。子どもの晴れ着より控えめな色や柄の着物を選びましょう。
訪問着や付け下げ、色無地などが適しています。お祝いである七五三にふさわしい明るい色やおめでたい柄の着物がおすすめです。小紋(江戸小紋は除く)や紬は和装でもカジュアルになってしまうので気をつけましょう。

・「母親の服装」フォーマル度高めのスタイル

写真館で家族写真を撮るときは和装に、神社にお参りやお祝いの食事会のときは動きやすい洋装でという方も多いかもしれません。フォーマル度の高い洋装は、入園や入学といった子どもの学校行事にも着られるフォーマルスーツやワンピースアンサンブルがおすすめです。
慶事用であってもブラックフォーマルスーツは避けた方が無難です。ベージュやパステル系の色が優しく上品な印象を与えます。ダークカラーのスーツはコサージュやパールのアクセサリーなどで華やかさをプラスしましょう。

・「母親の服装」ドレスダウンのスタイル

フォーマルな装いをドレスダウンしたい方におすすめなのは、膝頭が隠れる着丈のフレアーワンピースや柔らかな素材のパンツスタイルです。カジュアルすぎずエレガントな印象になり七五三の装いに最適です。
膝頭が隠れるフレアースカートやワイドパンツは体のラインを拾いにくく動きやすいので子どものお世話がしやすいのもポイントです。セットアップなら普段にも着まわせます。

・「父親の服装」フォーマル度高めのスーツスタイル

父親の服装は母親の服装と格をそろえましょう。母親が和装やフォーマル度高めの洋装なら、グレーやネイビーといったダークカラーのビジネススーツが一般的です。シャツは白か薄い色がおすすめです。ネクタイやポケットチーフで慶事にふさわしい印象にしましょう。ストライプのネクタイは慶事に不向きな柄もあるので、無地か小さめな柄が入った明るい色のネクタイを選びましょう。

・「父親の服装」ドレスダウンのスーツ・ジャケットスタイル

子どもが洋装で、母親がドレスダウンしたカジュアル要素を取り入れたスタイルなら父親もドレスダウンしたスタイルにしましょう。ただし、ドレスダウンしたスタイルでもジャケットは必須です。
紺のジャケットにグレーのパンツやチノパンといった上品でキレイめなジャケパンスタイルがおすすめです。デニムやサンダル、スニーカーはNGです。ノーネクタイはOKですが、ポケットチーフなどを活用してだらしない印象にならないようにしましょう。

家族の思い出に残る装いで子どものハレの日を迎えましょう。

子どもの成長に感謝しこれからの成長を願う七五三は、家族にとって大切な行事です。写真はもちろん、家族の思い出にも残るハレの日は、行事にふさわしい服装で迎えましょう。

執筆者紹介

名前
川島彩子
プロフィール
カラーコーディネーター PlusColor代表 インポートブランドのショップスタッフ時、人それぞれに「似合う色」「デザイン」がある事を知り「色」と「ファッション」について専門的に学び独立。 現在は、カラーコーディネーター育成や、企業、地方自治体等が主催するファッションセミナーやショップスタッフへの研修を多数行い、受講者には、自分に似合いT・P・Oにあったアイテムを選べるようになった、と定評がある。