体型への“こだわり” 体型への“こだわり”

ミセスになるにつれ変化する体型

たとえいまどんなに若くても、人間はいずれ年を取ります。そして年齢を重ねると、体型にもいろいろと変化が現れるもの。たとえば...
・二の腕のたるみ
・胸のたるみ
・背中の脂肪増加
・下腹部のたるみ
・ヒップの垂れ など

ミセスの体型は、年齢を重ねるたびに全体的に丸みを帯びていきます。また体型だけでなく、頬のくすみや首回りのしわなど、年齢を重ねるにつれて気になる部分は増えていきます。

実際に私たちがおこなったアンケートでも
「昔、着ていた服が徐々に窮屈になり、なんだか似合わなくなってきた」
「いまっぽい服が着たいけど、若い人たちのブランドはサイズが合わない」
「気になる部分はカバーしつつ、ほっそり見せたい」
などの声が寄せられています。

試着を繰り返し細く見えるデザインに

サイズ感にゆとりをもたせる際は、メーカーと密にやり取りをしながら進めています。ただ、単に寸法を大きくすればいいというわけではなく、細さを実現するには緻密な計算が必要です。ときにはデザインや仕様、素材を当初のものから変更しながら、どうすれば着心地良く、かつすっきり見えるようになるかを吟味します。

デザイン決定から生産までに、企画担当者は平均3~5回のサンプルを試着。「いまっぽく、着ていて楽で、細く見えるか」と常に問い続けながら、納得がいくまで繰り返しチェックをおこないます。また担当者だけでなく、実年齢がミセスに近い従業員に着用してもらい、意見をもらうことも。もし決定したデザインが太って見える場合は、一から見直すことさえあります。

体型の変化をプラスに感じてもらうために

私たちは2か月に1度「モニター会議」を実施し、お客様のご意見やご要望を吸い上げています。既存の商品だけでなく、新たに企画している商品もフィッティングしてもらうことで、サイズ感や丈感などのアドバイスをもらっているのです。試着していただいたにもかかわらずご購入いただけなかった場合は、サイズ感に問題があることが多いため、どの箇所がお気に召さなかったのかを直接お聞きし、その後の企画に活かしています。

年齢を重ね体型が変わっても、オシャレをあきらめてほしくない。むしろ年齢を重ねたからこそ、似合う服があると、私たちは考えます。変化をマイナスに捉えるのではなく、プラスに感じてもらえるような服を提供していくこと。それが、我々の使命なのです。

一覧へ戻る

表示 : モバイル
 | パソコン
© BELLUNA CO., LTD.